あなたも心の隙間も埋めてくれるソープを満喫してみてはいかが?

「普通の女の子からソープ嬢へ」みんなこうしてソープデビューした

普通の女の子からソープ嬢へ

ソープデビューを考えている女の子ならば・・・

・「どんな人が働いているの?」
・「みんななぜソープ嬢になったの?」
・「どういういきさつで入店したの?」

など疑問は数限りなくあるはずです。

とくに、現在ソープ嬢として活躍している女性たちの過去の遍歴は気になるようですね。

畑違いの職場で働くことほどしんどいことはありませんから、気になるのも当然です。

ここでは、現在ソープ嬢として働いている女性たちが「普通の子からソープ嬢へ」転身したいきさつなどを見てみましょう。

●吉原大衆店勤務 つかささん(27) ソープ歴:2年 前職:介護士
介護士のお仕事をされていたつかささんは、介護の過重労働と低賃金によって借金が100万円に達したことをきっかけにソープデビューを決意したそうです。右も左もわからない状態で、ネットで自分で調べて現在の店舗を見つけて応募し活躍中です。半年で借金は完済し、現在では150万円の貯蓄があります。もともと人の世話をするのが好きだったこともあり、ソープの仕事がぴったりとはまり、現在では月60本の本指名を獲得している人気嬢です。

●神戸福原高級店勤務 キラさん(26) ソープ歴:2年 前職:大学生
4年制大学を奨学金制度を利用して卒業するも、就職ができずにソープデビューを決意。ダメ元で面接した福原の高級店でブレイクし、たった4ヶ月で奨学金は返済。現在では指名ランカーとして店のエースになっています。いまだに一般企業への就職を諦めたわけではないそうですが、実入りの良いソープの仕事を捨てられず、貯蓄しながら将来を思案中。

●中洲大衆店勤務 あやのさん(28) ソープ歴4年 前職:看護師
看護師として病院に勤めていましたが、パチンコと夜遊びで借金地獄に。軽い気持ちで応募したソープ嬢の仕事が肌に合い、看護師を辞めて完全転職。現在もパチンコと夜遊びは止められませんが、なんとか100万円ほどの貯蓄はキープしているそうです。年齢が高くなってきたので、熟女店への再転職を思案中。

●雄琴高級店 そらさん(23) ソープ歴1年 前職:学生
大学の同級生に誘われて現在の高級店に応募、見事面接に受かりソープ嬢へ。大学は休学し現在では月収120万円を稼いでいます。将来的には企業を志しているそうで、独学で経営を学びながらソープ嬢を続けています。企業の軍資金が貯まるまでソープ嬢を続ける覚悟だそうです。

●吉原格安店 リクさん(25) ソープ歴3年 前職:保育士
保育士をしていたリクさんは、勤務していた保育施設の仕事のハードさに耐えきれずに退職。無職の間に200万円近い借金ができてソープ嬢を決意。もともとセックスが好きだったこともあり、自分でも「天職」と言い切ります。本指名が多く、格安店ではありますが、1月に80~100万円ほどの稼ぎがあります。

●金津園大衆店 葵さん(27) ソープ歴4年 前職:主婦
元旦那のDVに耐えかねて離婚、4歳の娘との母子家庭です。養育費をもらえず、生活費の捻出のためにソープ嬢になることを決意。オープンから夕方までのシフト勤務をされています。娘との時間を大切にするために出勤は少なめですが、固定客も数人いるために月収入は60万円ほど稼げているようです。

いかがでしたか?

ほとんどがごくごく普通の仕事をしてた女の子たちです。

ソープランドは特殊な仕事なので、女の子たちの経歴も変わったものかと思われがちですので、意外ですね。

TOP